自分に合った、保険の賢い選び方

「保険は一生で2番目に高い買い物」という言葉を聞いたことはありませんか?保険の中には保険料を一生、払い続けるものもあるため、人によっては本当にそのとおりかもしれません。しかし、保険のことをよく知ったうえで賢く利用すれば、必ずしも大きな負担が必要になるわけではないのです。そこで、この記事では保険にあまり詳しくない人を対象に、保険を選ぶうえで知っておいてほしいことをわかりやすく解説します。

保険には「掛け捨ての保険」と「貯蓄型の保険」がある

保険を選ぶにあたってまず知っておかなければいけないのは、保険には「掛け捨ての保険」と「貯蓄型の保険」の2種類があるということです。掛け捨ての保険はその名のとおり、保険料を払っても、何も起きなければ掛け捨てとなるためお金は戻ってきません。しかし、貯蓄型の保険は満期になるとお金が戻りますし、途中で解約したときもある程度は戻ってきます。

そう言われれば、誰しも貯蓄型の保険を選びたくなるかもしれませんが、貯蓄型の保険はその分、掛け捨ての保険よりも保険料が高くなっています。また、貯蓄型の保険は加入してから短い期間で解約してしまうと、一般的には払い込んだ保険料の総額よりも少ない金額しか戻りません。

そのため、両者のもつメリットとデメリットを正しく理解し、自分が必要とするものを選んで加入することが大事です。なお、保険で貯蓄をするつもりがなかったとしても、保険料が掛け捨てになってしまうのはもったいないからという理由で貯蓄型を選ぶという人も多いです。

どんな保険が必要?

生命保険にはさまざまな種類がありますが、ここでは代表的なものをとりあげて、どんな人が活用すべきか簡単に解説します。

・死亡保険(生命保険)
死亡保険とは、保険の対象となっている人が死亡したとき(または所定の高度障害状態になったとき)に、保険金がおりる保険です。この保険は遺族の生活費を補う目的で加入する場合や、葬儀代の準備を目的として加入するのが一般的です。

・医療保険
医療保険とは、保険の対象となっている人が病気またはケガで入院や手術をしたときに給付金がもらえる保険です。入院したときの医療費負担に備えて加入します。

・がん保険
がん保険とは、がんに特化したタイプの医療保険と考えてください。医療保険に加入していれば、がんにかかった時も給付金を受け取ることができますが、がん保険はがんという病気の性質に合わせて商品が作られています。そのため、治療の種類ごとに給付金を受け取れるタイプがあるなど、医療保険にはない特徴があります。

・学資保険
学資保険とは、子供の学費を貯めるのに適した保険です。学費を確保するのが目的なので、貯蓄型の商品しかありません。学費を貯めるのは預金でも可能ですが、保険を利用する場合は預金よりも利回りの良い商品があったり、税制上の特典を受けられたりするなどのメリットがあるのに加え、他のお金と分けて管理できることなどが理由で選ぶ人が多いです。

・個人年金保険
その名のとおり、自分の努力で年金を準備するための保険です。国の年金があてにできないので、自分で足りない分を準備したいと考えている人や、学資保険と同様に、保険がもつ税制上の特典を活かしてお金を運用したいと考える人に向いています。

大事なことは、保険でないといけないものはどれなのかということをまず、考えることです。たとえば遺族の生活費不足を補う目的の場合、保険の対象となる人が若いとその必要額は1000万円を超える大金になることが多いです。こうした場合は貯蓄で準備することが難しいため、掛け捨ての死亡保険が適しています。

しかし、子供の学費を貯めるのは預金や投資でも可能です。その手段の1つとして学資保険という商品があるだけです。そのため、学資保険を選ぶときは、その理由をきちんと考えてみてください。

「どこから入るか」を意識して

これから保険に加入する人に意識してほしいのが「保険はどこで加入するか」という点です。

身近に保険代理店を営んでいる人がいたり、勤務先の会社に営業で来ている人がいたりすると、深く考えることなくその人のすすめる保険に加入してしまうかもしれません。しかし、保険料は長い間、払い続けることが多いので、総額ではかなりの負担になります。たとえば、車のように高価なものを買うときのことを考えてみてください。複数の商品を比べずに買うことはありますか?同じような品質の商品であれば、なるべく安いところで買いますよね。今は、保険もそれが当たり前となっています。

保険代理店は1社の商品しか扱っていないところと、複数の保険会社の商品を扱っているところがあります。後者を「乗合代理店」といいます。乗合代理店は少ないところで5~6社、多いところだと40社程度の商品を扱っています。どちらが良いかはあらためて説明するまでもありませんよね。そのため、保険の相談先を選ぶときは、その相談先が乗合代理店かどうかを確認してください。

まとめ

保険はとても難しいので、一般の人が自分で勉強をして商品を選ぶのはあまりおすすめできません。新しい商品も次々と出てきますので、保険の販売をしている人も苦労して知識を学んでいるのが実情です。そのため、保険に加入する場合は最低限の知識を身につけ、商品選びについてはプロに任せるというのが最も賢い入り方であると言えるでしょう。ぜひ、信頼できるプロを見つけてください。

当サイトでは、弊社が取扱う損害保険会社および生命保険会社の各種商品の概要について解説し、ご紹介しております。

この保険商品一覧に記載されている内容は、条件等により適用されない場合があります。

保障内容・保険料等の保険商品の詳細につきましては、必ず各保険会社が提供する契約概要やパンフレット等、をお取り寄せいただき、「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」「特別勘定のしおり」等、または保険会社のWEBサイトをインターネットで必ずご確認ください。

  • 取扱・募集代理店 株式会社エレメント
  • 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-16-10 渋谷DTビル 7F
  • 電話番号 03-5428-6601

当社サイトPR

自転車保険の比較なら自転車保険ステーション ペット保険比較ツナグワン 弁護士保険比較「弁護士保険ステーション」